TOMATOの夢物語

風の向くまま 気の向くまま 徒然なるままに…日常の一片を

★ 陽のあたる樹木

Posted by トマトの夢3 on   16 comments   0 trackback



IMG_5357 a




僅かな陽が射し

背負っていたものを地に降し

枝を伸ばしている





IMG_5355 a




生き継いで来た樹は

人々の 暮らしを見続け

支えているのだろう

 
応援頂けたら 嬉しいです♪

Comment

かのぼん says... "ん?"
トマトの夢3さん、こんばんは^^

あれ~?
題もなけりゃ~
ポエムもにゃい・・・ 
ひょとして・・・  まだ早かった? (^^;)
2014.02.20 20:38 | URL | #- [edit]
お米パン says... "こんばんは♪"
人間よりも長く生きている木々は
色んな歴史を見届けているのでしょうね〜
日に照らされて暖かみのある景色ですね♪
2014.02.20 20:59 | URL | #- [edit]
イヴまま says... ""
こんばんは トマトの夢さん
大きな大きな樹木を見ると
どのくらいここに立っていて
どのくらいの季節を感じて
どのくらいの風景を見てきたのかなって思います。
植物だけれどずっとずっと先輩ですね。
2014.02.20 21:09 | URL | #- [edit]
かのぼん says... "穏やかです"
トマトの夢3さん、再びこんばんは^^

はははー
やっぱそうでしたか (^^♪

ではあらためて

落ち着いたようですね
良かったです。 (^-^)

前にお話した母校の楠木同様
こういう樹木って
優しく私たちを見守ってくれてるような気がします。

おおらかな気持ちで

私達人間も見習わねくては・・・  ね。
2014.02.20 22:14 | URL | #- [edit]
トマトの夢3 says... "Re: ん?"
かのぼんさま。
いつもありがとうございます

> トマトの夢3さん、こんばんは^^

  かのぼんさん、こんばんは^^

> あれ~?
> 題もなけりゃ~
> ポエムもにゃい・・・ 
> ひょとして・・・  まだ早かった? (^^;)

  そうなんです・・・
  途中で 断りもなく
  勝手に 飛んでいっちゃいました
  ですので 慌てて編集してましたよ~ (--;)
2014.02.21 02:12 | URL | #- [edit]
トマトの夢3 says... "Re: こんばんは♪"
お米パンさま。
いつもありがとうございます

> 人間よりも長く生きている木々は
> 色んな歴史を見届けているのでしょうね〜
> 日に照らされて暖かみのある景色ですね♪

  何代も継いで来た 木々に偉大さを感じます
  仰るとおりですね ずっと 見ていて欲しいと思いますね~
  久しぶりの景色に 一層 暖かく感じます♪
2014.02.21 02:23 | URL | #- [edit]
トマトの夢3 says... "Re: タイトルなし"
イヴまま さま。
いつもありがとうございます

> こんばんは トマトの夢さん

  イヴままさん こんばんは


> 大きな大きな樹木を見ると
> どのくらいここに立っていて
> どのくらいの季節を感じて
> どのくらいの風景を見てきたのかなって思います。
> 植物だけれどずっとずっと先輩ですね。

  何代目なのだろう 幾年 立っているのだろう
  そして変化する自然風景 人々の様子を見てきたのだろう
  見るごとに思います
  そうですね 偉大な 先輩ですね。
  
2014.02.21 02:36 | URL | #- [edit]
トマトの夢3 says... "Re: 穏やかです"
かのぼん さま。
再度 ありがとうございます

> トマトの夢3さん、再びこんばんは^^

   はい かのぼんさん、こんばんは2^^

> はははー
> やっぱそうでしたか (^^♪

   そう まったくですー

> ではあらためて
>
> 落ち着いたようですね
> 良かったです。 (^-^)

  3度目がないことを願いますデス(^^;

> 前にお話した母校の楠木同様
> こういう樹木って
> 優しく私たちを見守ってくれてるような気がします。

   大きな樹木を見ると 安心感があり
   そして 温もりがあって まるで 父親の様に思えたり・・・
   大好きな 樹木ですね
   優しく包み込んで 見守ってくれているようですよね
  

> おおらかな気持ちで
> 私達人間も見習わねくては・・・  ね。

   仰るとおりですね。
2014.02.21 02:51 | URL | #- [edit]
ごろぉ says... "生命"
おはようございます。
背負っていたものを地に降し…
なんだか ずしん と響いてきます。
生命を感じます。 ごろぉ
2014.02.21 05:46 | URL | #JkVRe2EE [edit]
ぱふぱふ says... ""
木々はそこから逃げ出すこともできないし・・
過酷な環境にもじっと耐えてる姿に感動しますが・・
それ以上に長い年月・・我々よりも長いことこの星のこと見てると思うと
なんだか・・おろそかにしてはいけない気がするけど・・
木々が減ってゆくことが寂しい気がするね
2014.02.21 10:21 | URL | #- [edit]
ノリかめ says... ""
こんにちは。
木の精とお話し出来たら
色々な昔話が聞けそうですね。
2014.02.21 10:33 | URL | #- [edit]
masa says... "こんにちは。"
大木を見ると生命の力強さを感じます。
何百年も同じ場所で、時代の流れを見続けているのでしょうね。
大木から見れば人間の命なんかちっぽけなものとさえ思います。
世の中の喧噪、人間の欲求、「なにやってんだ!」と思いながら見ているのでしょうね。
2014.02.21 11:39 | URL | #- [edit]
トマトの夢3 says... "Re: 生命"
ごろぉ さま
いつもありがとうございます

> おはようございます。

  ごろぉさん、おはようございます。

> 背負っていたものを地に降し…
> なんだか ずしん と響いてきます。
> 生命を感じます。 ごろぉ


  何代も受け継いで立っている 樹木は
  色んな物を背負い生きぬいているように思います
  強い生命力を感じますね。
  
  
2014.02.22 00:38 | URL | #- [edit]
トマトの夢3 says... "Re: タイトルなし"
ぱふぱふさま。
いつもありがとうございます

> 木々はそこから逃げ出すこともできないし・・
> 過酷な環境にもじっと耐えてる姿に感動しますが・・


  何が起ころうと 耐えることしか出来ない木々
  温もりを感じ 特別な思いを抱いております・・

> それ以上に長い年月・・我々よりも長いことこの星のこと見てると思うと
> なんだか・・おろそかにしてはいけない気がするけど・・
> 木々が減ってゆくことが寂しい気がするね

  愛情をかけられる木は 活き活きとし
  気にもかけてもらえない木は
  いずれ衰退してゆく様を見るのは辛く寂しい事ですね
  
  
2014.02.22 00:59 | URL | #- [edit]
トマトの夢3 says... "Re: タイトルなし"
ノリかめさま。
いつもありがとうございます

> こんにちは。

  ノリかめさん、こんにちは。

> 木の精とお話し出来たら
> 色々な昔話が聞けそうですね。


   木の精に 色んなお話しが聞きたいと思うことがあります
   きっと 優しく語り聞かせてくれるでしょうね
   そんなふうに 想像します。大好きな木・・・
2014.02.22 01:06 | URL | #- [edit]
トマトの夢3 says... "Re: こんにちは。"
masaさま。
いつもありがとうございます

> 大木を見ると生命の力強さを感じます。
> 何百年も同じ場所で、時代の流れを見続けているのでしょうね。
 
歴史を積み重ね見続けてきた偉大なる大木に
  感動すると共に尊敬します。
  
> 大木から見れば人間の命なんかちっぽけなものとさえ思います。
> 世の中の喧噪、人間の欲求、「なにやってんだ!」と思いながら見ているのでしょうね。


   仰るとおりですね 歯がゆい思いもあるでしょうね。
   生きる力強さを 見習いたいものです。
  
2014.02.22 01:26 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://dreamstorytomato.blog133.fc2.com/tb.php/1711-42e1d93b